沖縄でタトゥー除去をするために

タトゥー除去で失敗しない沖縄のクリニック選びのポイントまとめ

HOME » タトゥー除去の基礎知識 » タトゥー除去手術てどのくらいするの?

タトゥー除去手術てどのくらいするの?

タトゥー除去種類と費用の関係は?

何としてもタトゥーを消したいと思い詰めている人ならば、どれほどの費用がかかっても構わないのかもしれません。しかしそうは言っても、ある程度の目安がなければ医療施設を訪れてタトゥー除去の依頼をするのは、なかなか難しいものがあります。
一般的にタトゥーを消すには、タトゥーを入れたときにかかった料金の10倍必要と言われます。単純に考えると20万円で入れたタトゥーは、消すのに200万円かかるということになります。
しかしタトゥー除去とひと口に言っても、施術の方法にはいく通りかの種類があります。
選択する施術方法によって、それなりの価格差が出てきます。 現在タトゥー除去の手段として知られているのは、「レーザー」「切除」「剥削」「皮膚移植」といったものです。 もっとも身体へのダメージが少なく、手軽と考えられているレーザーによる除去法は、広告で良く見かけるように金額から言ってもお手頃です。

次に安く済むのは皮膚を削るイメージの剥削、そして切除、皮膚移植の順になります。 切除はタトゥーのある個所を切り取り、皮膚を縫い縮めるため外科的な処置が必要です。
皮膚移植はタトゥーを切り取った後に他の部位から皮膚を植え付けて定着させるため、手術の回数もアフターケアを含めてかかる時間がさらに増えます。
いずれの場合も処置回数と回復までの時間が多くなるほど、施術に対する料金も高額になります。 ただし通常は安く済むはずのレーザーでも、最終的に比較したら高額になったというケースもあります。 タトゥーの入っている範囲や、インクの深さによっては、レーザー照射の回数が当初の予定を上回る可能性もあります。
レーザー治療は照射する部位のサイズと回数で、料金が決まっています。1度の照射で得られる効果が低ければ回数はどんどん追加され、最終的な支払いが高額になります。
そうした意味では確実に除去が可能となる、切除や皮膚移植の方が、料金が確定されいて安心と言えるかもしれません。

タトゥー除去の施術方法と費用の目安

タトゥー除去は保険適用外の自由診療となるため、価格設定は各医療機関に任せられています。そのため同じタトゥーの扱いでも、施設によって大きな価格差が生じる可能性があります。
ここでは一般的なタトゥー除去にかかる料金について、まとめています。

レーザー

照射1回につき

レーザー種類

1~5㎠

6~10㎠

11~30㎠

31~

50㎠

51~100㎠

レーザー

2,000~1万円

1.8万円

4万円

5万円

7.5万円

ピコレーザー

2.5万円

3.3万円

4.5万円

5万円

5.5万円

エンライトン

2.5万円

3.3万円

4.5万円

5万円

5.5万円

ピコレーザーやエンライトンなどは、レーザーの新しい技術ですが、広範囲になると従来のレーザーよりも割安になります。色の感知にもそれぞれ特徴があるため、施術部位の広さとの兼ね合いで選択するのが良いようです。 レーザーでのタトゥー除去は開始して見なければ、効果がわからないということが多いようです。施術を依頼する前に、照射回数が増える場合の料金割引を確認しておくと安心です。

剥削法


5㎠

7㎠

9㎠

11㎠

13㎠

15㎠

17㎠

19㎠

20万円

27万円

35万円

42万円

45万円

52万円

60万円

70万円

 

剥削はレーザーよりもタトゥーの存在感が消えて自然な傷跡になります。ハガキ大の大きさで50万円前後がおおよその目安になります。

 

 

切除法

2cm

4cm

6 cm

3.4万円

6.8万円

10.2万円

 

切除法ではもっとも長く切る部分を基準として、料金が設定されています。そのため直径2㎝のタトゥーでも必要であれば、4㎝の切除となる場合もあります。数センチ刻みで基準設定されており、以降は基準の刻み単位をプラスした料金加算がされます。
また皮膚の伸縮性によっても料金が変わるため、関節部や指など機能的に切除と縫合の難易度が高い部位ほど料金も高くなります。

皮膚移植法



~25㎠

26㎠~50㎠

51㎠~100㎠

101㎠~150㎠

151㎠~200㎠

26万円

33.8万円

42万円

48.7万円

57万円

 

皮膚移植の場合は、かなり小さな部位でも大きさによらず最低でも数十万円かかると考えておくと間違いありません。ハガキ大の部位で、60万円前後という施設もあります。
タトゥーの範囲が広いほど、移植元の部位にも負担がかかるため、皮膚の選定も慎重に行われます。
アフターケアが別料金となっている場合もあるため、注意が必要です。 タトゥー除去の価格設定は、各医療施設によってかなりの幅があります。
おすすめの施術法を割安で提供していたり、キャンペーン期間中はお得料金で施術が受けられたりする場合もあります。
施術方法とその金額を比較して、除去したいタトゥーにあった施術方法と施設を十分に検討する必要があります。 また、ほとんどの施設ではモニター価格でのプランを提供しています。 術前・術後の写真撮影などを条件に、半額から3割引きでタトゥー除去をしてもらえます。
タトゥーがあることに悩んでいるけれど、費用が高すぎて思い切れないという場合には、モニター制度のある施設を選び、相談してみると良いかもしれません。