沖縄でタトゥー除去をするために

タトゥー除去で失敗しない沖縄のクリニック選びのポイントまとめ

HOME » タトゥー除去の基礎知識 » タトゥー除去の痛みについて

タトゥー除去の痛みについて

タトゥーを除去する時の痛みは?

タトゥーを消そうと考えている方にとって、一番気になるのは「痛み」ですよね。「タトゥーを消したいけど、痛そうだから踏み切れない」という人は多くいます。痛みの感じ方は個人差があり、また治療法によって施術中に痛みが生じる場合や、施術後に痛みが残る場合などがあります。治療別にやり方や痛み、除去後の治療跡についてまとめました。

レーザー除去法

レーザー除去法は、医療用レーザーを使います。一気にすべて消すのは難しく、少しずつ薄くしていくのがレーザー除去法のやり方です。しかし、すべてのタトゥーに適用できるわけではありません。黒や青色系色素のもの、範囲の狭いタトゥーの除去しかできません。メスを使っての除去ではないので、傷跡が残る心配はありません。レーザー=痛くないというイメージがある方もいるかもしれませんが、機械彫りでタトゥーを入れた場合、肌の奥深くまで色素が浸透しているので、高い出力でのレーザー照射が必要になります。レーザーの照射が高くなればなるほど、バチッと弾かれるような痛みが生じます。除去後は軽いヒリヒリ感が残る人もいますが、ほとんどの人は、数時間~数日で落ち着きます。

切除法

切除法は、メスを使ってタトゥーのデザインに沿って皮膚を切り取り、縫い合わせる方法です。タトゥーがある部分をそのまま切り取るので、レーザーに比べると少ない回数で除去できます。「メスを使うから痛いのでは…?」と思う人もいるかもしれませんが、痛いのは手術前の局所麻酔くらいです。手術は麻酔を使用するので、痛みを感じることはありません。しかし、手術中の痛みはなくても、麻酔が切れると切除した皮膚に痛みを感じます。また、縫合跡という傷跡が残るので、肌が露出する部分を除去したい場合は、レーザーの方が良いかもしれません。また、切除した範囲にもよりますが、縫合跡がうずく人もいるようです。

削皮・剥削法

削皮・剥削法は、タトゥーの入った皮膚を、特殊なカミソリを使って削り取る方法です。少ない回数で除去でき、局所麻酔を使うので、手術中の痛みがないというのがメリットですが、切除法同様に、術後に痛みが伴います。切除法より強い痛みを感じるので、痛み止めは必須になるでしょう。また、切除法は縫合しますが、削皮・剥削法は皮膚を削り取るので、ガーゼの交換をしなければなりません。その時に一番痛みが伴うようです。

タトゥーを除去する時の痛みを和らげるには?

タトゥーを除去するときの痛みを和らげるには、局所麻酔しかありません。病院によっては全身麻酔を使ってくれるところもあるようです。また、麻酔クリームというものもあるようなので、カウンセリングの時に詳しく聞いてみましょう。施術後の痛みに関しては、痛み止めを飲む以外方法がないので、あとは自分がリラックスできる方法(おしゃべりや読書、音楽など)で、痛みが治まるのを待つしかありません。意外に他の事に気を取られていたら痛みを感じないこともあるので、外に出て気分転換した方が良いかもしれませんね。

そもそも、タトゥーというのは入れるときよりも消すときの方が費用も時間もかかるのです。若気の至りではありませんが、カッコいいと思って入れたタトゥーを今は消したいと思っている人も決して少なくはありません。ある統計で見ますと、タトゥーを入れた約3人に1人が消したいと思っているようです。しかし、先ほども述べましたが、一度入れたタトゥーを消すのはそんな簡単なことではないのです。

きれいに消すことは難しいのか?

インターネットなどのサイトの中に、「無痛できれいにタトゥーを消すことができる」といった文面をよく目にすることでしょう。正直なところ、これはそのサイトのキャッチフレーズのようなものになりますので、信用をしないようにしなければなりません。何度も言いますが、傷跡を残さずにタトゥーをきれいに消すということは絶対にできないのです。

では、どうして傷跡を残さずに消すことが難しいのでしょうか。そもそも、皮膚は浅く薄い表皮と分厚い真皮で構成されています。タトゥーは、表皮の一番下の深い部位である真皮層にまで墨を入れることになるのです。肌のターンオーバーというのは基底層から始まっているのですが、それより下にある部位はターンオーバーをしません。

ですので、基底層やそれよりも深い部分に傷跡が残ってしまうため、消えないということになってくるのです。今の医学では、まったく傷跡を残さずタトゥーを消すというは不可能だとされています。

通常タトゥー除去手術は何回かに分けて行う

一般的に、タトゥー除去手術というのはいっぺんに行わず、何回かに分けて分割で行うのが通例であります。タトゥー除去手術を分割で行う場合、一定の期間を空けて切除縫縮法を行います。空ける期間に関しては個人差によるのですが、一般的には3~4カ月程度は空けるとされています。ちなみに、この切除縫縮法というのはタトゥーのある部分の皮膚を切り取った上で、周囲の皮膚を縫い合わせるという手術方法になります。

タトゥーの輪郭に沿って皮膚を切り取る方法、タトゥーを取り囲むようにして皮膚を切り取る方法などがあります。これに関しては、クリニックによって方法が違ってきます。切り取った皮膚の周りに引き寄せる皮膚があればあるほど、比較的楽に行える手術方法だと言えるでしょう。

逆に、周りに引き寄せる皮膚があまりない場合は分割して手術を行うのが一般的となります。後、広範囲に及ぶタトゥー、1度で切除することが難しいタトゥーの場合も分割で除去手術を行うのが一般的です。

分割して手術を行うメリット

タトゥー除去手術を分割して行うメリットの一つとして、手術を行わない期間に皮膚が伸び、縫い合わせやすい柔らかさになるということがあります。ただ、たった数カ月の間に手術が行いやすい柔らかさになるというのはどうしても考えにくいのです。

ですので、中には分割で切除縫縮法を受けて、何かしらのトラブルが発生したという話も決して少なくはありません。クリニックによっては、こういった安全性を配慮して削皮法を行う場合もあります。

タトゥー除去手術の痛みについて

手術してから2~3時間もすれば局所麻酔が切れはじめ、突っ張ったような痛みを感じるようです。この痛みに関しては軽いものであり、万が一に備えて鎮痛剤を出してくれるクリニックもあるでしょう。とはいえ、その鎮痛剤を飲むほどまでの痛みではないと言われています。

また、手術によって発生する内出血や腫れは、おさまるまで約2週間ほど要します。切除縫縮法の場合、縫合した箇所の赤みはしばらく目立ちます。そして、皮膚が柔らかくなるまでには約3カ月、長い人だと半年はかかると言われています。

タトゥー除去手術後の生活について

タトゥー除去手術の当日から入浴はできますが、できればシャワーだけにしておきたいところです。それと、除去手術をした箇所もできるだけ濡らさないように心掛けましょう。

しかし、手術を行ったクリニックによっては手術当日の入浴を禁止にしているところもありますので、そこだけはクリニックの方針に従わなければなりません。カウンセリングでしっかりと確認を取るようにしましょう。運動に関しては基本的に禁止している場合が多いです。軽い運動もよくありませんので、手術後1カ月は運動を控えた方がいいかもしれません。

また、激しい運動となれば3カ月は間を空けなければならない場合もあります。仕事に関しては翌日からでも復帰はできますが、激しい運動は禁止されていますので、身体をよく動かすような職種の場合は注意が必要です。デスクワークであれば何の問題もありません。

しかし、広範囲に渡った除去手術だと仕事の復帰に1週間ほど要する場合もあります。そこもしっかりと確認しておきたいところです。飲酒に関しても手術当日は控えるというのが一般的となります。ですので、お酒を飲む仕事に就いている場合は医師の指導に従わなければ職場復帰は難しいと言えるでしょう。

タトゥー除去手術の後遺症

傷跡を残さずにタトゥー除去手術をするというのは絶対にできないと、何度もここで説明させてもらいました。ですので、タトゥー除去手術をした後の後遺症というものは覚悟しておかなければなりません。

タトゥー除去手術の後遺症として代表的なものと言えば、やはり「ケロイド」になってきます。ケロイドとは、手術による傷跡が赤く盛り上がる状態のことを言います。手術した箇所がケロイド状態になるということは、見た目が気になるだけではなく、様々な症状に悩まされることにもなるのです。例えば、皮膚の突っ張り感はどうしても拭うことはできないでしょう。それと、痛みや痒みといった違和感に悩まされることもあります。

さらにひどい人だと、手のしびれが残る人もいるようです。といったように、ケロイド状態になると何かしらの後遺症が残るということだけは頭に入れておかなければなりません。後、日常生活に支障が出る、薬の服用が常備必要になる、違うクリニックの診断が必要になるという場合もあります。後遺症のリスクを少しでも回避できるように、手術前のカウンセリングでは気になるところは何でも相談するようにしましょう。また、決断を急がないということもここではかなり大切になってきます。

沖縄は、全国的に見てタトゥースタジオがかなり多いといわれています。また、タトゥーを入れるために出張してくれるサービスもあります。そして、タトゥーを除去するクリニックも多いです。タトゥーを入れるときは、「本当に入れて良いのか?」「後悔しないか?」という事をしっかり考えてから入れるようにしましょう。

植皮法とは

植皮法とは墨の入った皮膚を切り取るか深く削って除去し、タトゥーが入っておらず、尚且つ傷が目立たないお尻や太ももから皮膚を採取し、そこに移植するというものです。タトゥーが大きい人やタトゥーがレーザーに反応しない、短時間で消したいと言う人にオススメです。植皮によるタトゥー除去は1回の手術で完全にタトゥーを除去できます。関節などの皮膚の伸縮が大きい部位は植皮によるタトゥー除去がオススメです。

植皮法の種類

植皮法には、採取して皮膚をそのまま移植するシート植皮、採取した皮膚を細かく切り分けパッチワークのように移植するパッチ植皮、採取した皮膚をメッシャーという機械を通して加工し移植するメッシュ植皮の3種類があります。仕上がりは、シート植皮が比較的に綺麗でその次がパッチ植皮です。生着率はメッシュ植皮が最もよくて安全性と成功率を重視してメッシュ植皮が多く用いられます。また、メッシュ植皮は採取する皮膚が少なく済みます。

麻酔時の痛み

局部麻酔を打つ時の痛みを心配する人もいると思いますが、まず皮膚を移植する部分と採取する部分に局所麻酔を行って痛みを緩和させます。その局所麻酔を行うにあたり、吸引式の笑気麻酔(笑気ガスを吸ってフワフワして酔っ払ったような感覚になる麻酔)または点滴で行う静脈麻酔を行うため、局所麻酔を打つ時の痛みを緩和させます。

手術中の痛み

手術中は局所麻酔または静脈麻酔が効いているので痛みを感じることはありません。無痛治療ができます。

手術後の痛み

術後の痛みは、ジンジンしたりズキズキした痛みを感じることがありますが、痛め止めの内服薬か坐薬を服用して緩和できるので、眠れないほど痛いと言うことはありません。薬を服用しても痛みが治らない場合は、合併症の可能性もあるので速やかに医者に診てもらう必要があります。

植皮法の注意点

植皮は皮膚のリセットをして大きいタトゥーでも綺麗に消えるイメージを持つ人が多いようです。しかし目立つ傷跡や皮膚の痛み、かゆみ、傷が長期間治らないなど多くの問題点があります。まず植皮を行うには別の部位から皮膚を採取するので、採取した所に痕が残ります。大きなタトゥーを消すには採皮部の傷跡もかなり大きくなってしまいます。

また、移植した皮膚が生着しないことがあります。先ほど出てきたシート植皮にすれば、成功した時見栄えが良いのですが、生着しにくいというデメリットもあります。逆にメッシュ植皮は生着率が約90%ととても高いです。ですがウロコ状の跡が残ります。これは数年かけて元に戻ったり消えたりする事はありません。一生残ってしまいます。本来メッシュ植皮は広範囲の火傷によって命が危険にさらされている人がやるものです。

ですから、命が優先であり、見た目など美容的観点はほぼ無いに近いです。また、無理に広い植皮を行うと、植皮部がずれて血液が溜まった状態になりやすくなります。そうなると皮膚の一部、あるいは全部が壊死してしまうことがあります。気になる料金はクリニックによって異なりますが、5万円前後からです。大きさや方法によって変わってきますが決して安いとは言えません。痛みは麻酔で和らげることができますが、こうしたデメリットを知った上でもう一度方法をしっかりと決めることが重要です。

まとめ

ここまでタトゥー除去手術についての説明をしてきました。これだけ見れば大体のことはわかって頂けたかと思います。まず、タトゥーというのは入れる作業よりも、消す作業の方が費用も時間もかかるということだけは頭に入れておいてください。そして、タトゥー除去手術はレーザー治療で消せないカラーのタトゥーのある人や、レーザー治療に失敗してタトゥーが残っている人には適した手術となります。

また、インターネットなどのサイトでは、タトゥーは除去手術で確実に消せるといった文面をよく目にします。タトゥーは除去手術で消せたとしても、傷跡は絶対に残るということも忘れてはならないのです。それと、ケロイドのような後遺症についてもきちんと考えておかなければなりません。手術直後も日常生活に戻るということも決して簡単ではありませんので、タトゥー除去手術を決断したのであれば、あらかじめスケジュールに余裕を持って手術を受けるようにしましょう。

若気の至りでタトゥーを入れる人も決して少なくはありません。約3人に1人はタトゥーを入れたことを後悔すると言いますので、これからタトゥーを入れたいと考えている人は絶対に後悔をしないと決めた上でタトゥーを入れてほしいと思います。