沖縄でタトゥー除去をするために

タトゥー除去で失敗しない沖縄のクリニック選びのポイントまとめ

HOME » タトゥー除去の基礎知識 » タトゥー除去のメリットとは?

タトゥー除去のメリットとは?

費用と時間をかけてもタトゥーを除去するメリットはある?

タトゥーを入れたきっかけや状況は人それぞれですが、その時点ではきっと後悔もなく、誇らしい気持ちでいたのではないでしょうか。文化や社会によってはタトゥーの芸術性やシンボルとしての価値が、高く評価される場合もあります。

しかし現在の日本社会の中では、タトゥーがあることによるマイナス面は否定できません。せっかく意匠を凝らして施してもらったタトゥーを、消す意味とは何でしょうか。時間と手間をかけても、思い切ってタトゥーを除去すべきメリットについて考えていきます。

仕事や就職への障害がなくなる

刺しゅうがタトゥーという呼ばれ方に変わっても日本社会では身体に図柄を彫り込む行為は、やくざや暴力団関係者の刺青と同じような扱いをされることが多いものです。
おしゃれで入れた小さな花や蝶のような彫り物でも、他者に不快感を与える可能性があると見なされれば、仕事は限られます。 夜の仕事であればともかく、普通の企業への就職では、タトゥーのある人材を好んで採用する会社はありません。同じレベルであれば、採用担当者は間違いなくタトゥーなしの人物を選択するでしょう。

すでに入社している場合には、よほど固い会社でなければタトゥーを理由に解雇されませんが、人前に出さないように指導が入るはずです。

顧客などに一度でも見られてしまうと、会社の信用度にも影響します。例えば派遣社員などの場合では、契約を更新されない可能性も高くなります。
タトゥーをする人にとっては、個人的なファッションのひとつであっても、こと日本の社会は思うほど寛容ではありません。 自衛官や消防士、警察官などでは、「身体上の不具合」という理由から、採用試験が通過できなくなります。 こうした現状から見てタトゥーの除去は、就職や転職をする際には、働ける場所を広げると考えて間違いないでしょう。

結婚への障害がなくなる

結婚するにあたっては、タトゥーが余計な摩擦の原因になりかねないという点も理解しておく必要があります。 実際にパートナー自体は気にしていなくても、その親や親せきにタトゥーがあることを知られた途端、猛反対されるというケースが少なくないようです。
世代によってはタトゥーも刺青もまったく同じであり、暴力団のように反社会的な存在として危険視されかねません。
大切な息子や娘の相手が刺青をしているとあっては、親として到底許せない、世間体も悪いという考えが未だに根強いと思われます。

タトゥーを除去しておけば、外見上だけで拒否されるという心配はなくなります。女性の場合には、腕や肩、背中の露出に関してウェディングドレスのデザインに気を遣わなくて良くなるというメリットもあります。

将来への不安が軽減される

独身時代にはタトゥーを入れることは、自身の身体で何かを表現する方法であるのかもしれません。しかし結婚し、子どもが生まれると、さまざまな点で変化が起こります。

例えば子どもが小さいときには、幼稚園や保育所のプールに一緒に入る機会があるかもしれません。子どもが大きくなってくれば、パパやママの身体に「絵」が描いてあることを疑問に思うようになるでしょう。
何も知らなければ、お友だちに口にしかねません。 PTA内で「あの家の親は刺青をしている」などという噂になれば、子どもを介した付き合いに支障が出ます。
自分の身体が自分だけのものであった年代とは違い、子どもの成長につれてタトゥーが思いがけない障害となることもあります。 タトゥーの除去は、将来子どもを取り巻く環境に対しての不安を解消します。

公共場所での気兼ねがなくなる

外国人観光客が増えたことでルールが緩和された場所も見られますが、以前として大衆浴場や温泉、プールなどでは「タトゥー、刺青の方入場お断り」としているところが多くあります。

時代が違うと憤りを感じても、社会的な感覚はそう簡単には変わりません。 友人に誘われても水着や裸になる公共施設には出かけられない、という問題があります。

せっかく家族や友人と温泉に行っても、大浴場に入れないのでは心から楽しめないのではないでしょうか。 タトゥーを除去すれば多少傷跡になっていても、入場拒否はされなくなります。
胸を張って出入りできる施設が増えるのは、人生の大きなメリットです。

保険加入についての心配がなくなる

保険会社の多くは、タトゥーのある人の保険加入を制限しています。反社会的勢力とのつながりといった理由の他、タトゥーを施術した際の感染症リスクを重視しているためです。

保険に入る際には、見えないタトゥーについては自己申告であり、例えば健康診断が行われても医療機関が保険会社に報告するわけではありません。
そのため、タトゥーがあってもそれを知らせずに加入している例もあります。
しかし、虚偽申告は重大な契約違反です。何らかの折に発覚すれば、その時点で強制解約となります。 タトゥー除去をしていれば、医療保険の加入についても問題が解消します。

MRI検査が受けられるようになる

すべての箇所についてではありませんが、タトゥーをしている場合にはMRI検査を断られる可能性があります。MRI検査は、強い磁力を使って身体の内部を調べる仕組みです。
タトゥーに使われるインク内には、磁力に反応する成分が含まれていることが多く、やけどの危険性があります。

指や足先のタトゥーであれば、MRI検査への影響がないこともありますが、調べる部位の近くにタトゥーがあることで重大な病気についての検査ができなくなれば命に関わります。
タトゥー除去でインク成分が取り除かれれば、MRI検査が問題なく受けられるようになります。