沖縄でタトゥー除去をするために

タトゥー除去で失敗しない沖縄のクリニック選びのポイントまとめ

HOME » タトゥー除去の基礎知識 » タトゥー除去の保険適用ついて

タトゥー除去の保険適用ついて

タトゥー除去で保険は適用される?

「タトゥーを除去したい!」と思ったとき、気になるのは「料金」だと思います。ワンポイントならそれほど料金は高くはありませんが、広範囲にわたるタトゥーの場合は、かなり高額になってしまいます。「クリニックでタトゥーを除去するんだから、保険が適用されるのでは?」と考える人もいますが、残念ながらタトゥーの除去は保険適用外です。

なぜなら、タトゥー除去の治療は全て自由診療になってしまうからです。自由診療というのは、「受けなくても良い治療」「自分がしたいと思ってする治療」の事です。つまり、タトゥーの除去というのは、本来であれば受けなくても良い治療に分類してしまうので、保険は適用外となってしまうのです。

保険証の提示を求めるクリニックもある

表向きでは保険適用外といいながらも、保険証の提示を求めるクリニックもあります。これは、かなりの確率で違法行為をはたらいていると思って下さい。例えば、保険提示をしたにもかかわらず高額請求された場合、それは「タトゥー治療」という名前を他の保険適用の治療名に変え、社会保険庁には保険診療を行ったとして保険金の請求を行っている場合があります。もちろんこれは違法行為になるので、発覚した場合は速やかに社会保険庁に連絡をしなければなりません。

タトゥー除去で保険が適用されない場合の方法は?

タトゥー除去に保険は適用されないという事は理解できたと思います。では、どうしたら安くタトゥーを除去できるのでしょうか?方法はいくつかあるので紹介します。

分割払い

トータル的な料金は一括の支払いと変わらないかもしれませんが、分割払いにするだけで1回に支払う金額がグッと安くなりますよね。一度に高いお金を払うのは難しいという場合は、クリニックを選ぶときに、「分割払い」ができるか確認しましょう。

モニター価格で安く治療する

クリニックのモニターになるのも一つの手です。しかし、タトゥーの写真や術後の写真など、ホームページに自分の写真が掲載されることがあるので、身元がばれてしまう可能性は高くなります。また、実体験をクリニックの専用用紙に書いたり、ウェブで投稿したりと、普通だったらしなくていいことをしなければならないので、責任感がある人にしか務まりません。もし、「モニターになりたい!」といった場合は、クリニックのホームページにアクセスするか、電話で問い合わせてみましょう。また、ほとんどのクリニックでは、すべての人がモニターになれるわけではなく、審査を通過した人だけがモニターになれる仕組みになっています。

会員制クリニックを使う

会員制のクリニックでタトゥーを除去する場合、会員であれば通常料金よりも安く除去してもらうことができます。また、今後そのクリニックでタトゥーを除去する以外にも利用したいと思うなら、会費を払って会員になり、会員割引で他の施術をしてもらうこともできます。

沖縄のタトゥー事情

沖縄には米軍基地があるので、アメリカの軍人もたくさんいます。人口に対する割合でいうと、タトゥーを入れている人とタトゥーを彫るお店は、全国的に比較してもかなり多い傾向にあります。それに対して、タトゥーを除去するクリニックも多いといわれています。それだけ、「タトゥーを入れたい人」と「タトゥーを消したい人」が多いという事ですね。タトゥーを入れても本当に後悔しないか、入れる前にしっかり考えましょう。