沖縄でタトゥー除去をするために

タトゥー除去で失敗しない沖縄のクリニック選びのポイントまとめ

HOME » タトゥー除去の基礎知識 » タトゥー除去をした人の感想や体験談を紹介

タトゥー除去をした人の感想や体験談を紹介

タトゥー除去のポイント

タトゥーはいくつかの方法で除去できます。中でも多く用いられているのがレーザー治療です。レーザー治療の効果は、注入された色素の量や種類に影響されることが多いとされています。青色一色のスジボリであれば、レーザーを数回照射するだけで目立たなくできることがあります。プロによるタトゥーとアマチュアによるタトゥーを比べると、アマチュアによるタトゥーの方が薄くしやすいと考えられています。使用する色素の量や種類に限りがあるからです。レーザーのほかでは、タトゥーを入れた部分の皮膚を切り取って両端を縫い合わせる切除法やタトゥーを入れた部分の皮膚を薄く削り取る削皮法なども行われています。除去方法は、刺青の状態や希望により検討します。実際に、タトゥーを除去した方はどのような感想を抱いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

【参考】

子供ができたことをきっかけにタトゥーを除去したAさん

アクセサリー感覚で足首にタトゥーを入れました。入れた当初は満足していたのですが、子供が出来てから価値観が変わりました。子供が色々なことに興味を持ち、色々なことを理解できるようになるにつれ、タトゥーをどう説明すればよいかわからなかくなったからです。また、子供と一緒にプールや温泉などに行けないことも気になりました。以上の理由で、子供が大きくなる前にタトゥーを消そうと決意しました。

それほど大きなタトゥーではなく色数も一色だったので、タトゥーはピコレーザーで除去することにしました。施術中の痛みは予想していたより強かったですが、施術時間が長くないので我慢できないことはありませんでした。痛みは施術を繰り返すことで楽になったように思います。肝心のタトゥーですが、5回受けた段階でかなり目立ちにくくなったと感じています。術後は患部のケアが必要になるので、受ける方は先生の話をよく聞いたほうが良いと思います。

就職活動をきっかけにタトゥー除去を決断したBさん

タトゥーを入れたきっかけは勢いに近いと思います。友達に誘われて、かわいいから入れたという感じです。洋服を着ても見える位置に入れたので、支障を感じるときは絆創膏で隠すなどしていました。このような生活を面倒に感じていた時期に仕事を探すことになり、良い機会と考えてタトゥーを除去することにしました。

タトゥーの除去はレーザーで行いました。施術中はバチバチといった刺すような痛みを感じました。個人的な感想では、痛くて受けられないというほどではなかったと思います。入れていたタトゥーが4㎝くらいで、施術が2、3分で終わったためかもしれませんが。痛みに弱い方は麻酔を利用すると良いと思います。

1回の施術が終わった段階で、タトゥーが薄くなっていることが分かりました。現在、3回受けた段階で目立ちにくくなったと思えるようになっています。2、3カ月に1回くらいのペースで施術を受けるので、除去をするまで時間はかかります。目的があり除去するのであれば早めに施術を受けるほうが良いですね。